明日ママがいないを全部見た感想

今日、録画していた先日最終回を迎えた明日ママがいないを見ました。
色々と話題になったドラマでしたよね。
放送中止を求められたり、CMスポンサーが全部降りたり...。
私は第1話から見ていました。
たしかに、親のいない子供や施設にいる子供たちや施設育ちの人達は見たくないドラマではあったかもしれません。
実際は施設はこんな所ではないと腹が立った人もいると思います。
たしかに、言葉遣いは乱暴で、子供たちの名前がポストとかドンキとか良くないニックネームだったのも問題だったとは思いますが、最後まで見ていて、全体的にまとめると私は悪いドラマだとは思いませんでした。
色々な所からドラマを中止するよう言われたり、内容の変更を言われたりしたので、後半はある程度は内容を変更されたのかもしれませんが、最後は感動でした。
なんだかこみあげてくる物がありました。
一番最後の、ポストに魔王(施設長)が言った言葉、そしてその後本当の親子のように遊園地で楽しむ二人を見て、すごく感動しました。
いつも怖い顔をしていた魔王の優しいほほ笑み、それに気の強いポストが魔王と本当の親子になろうとしていて、手を繋いで歩いて帰る後ろ姿とか、もう本当に最後は良い作品だと私は思いました。
途中で内容を訂正されたかどうかはわかりませんが、最初の1話2話を見ただけで判断しないでほしいなって思いましたね。
これはあくまでも私の感想ですけどね。
最後はあんなふうになるとはさすがに思いませんでしたが、放送が継続されて良かったと私は思います。
そして、三上博史さんが何歳になっても変わらないな、素敵だなーって思いました。